忍者ブログ
大学生や専門学校生など、学生の方でも申し込みが可能なクレジットカードなどについて紹介しています。
学生の方がクレジットカードを作るうえで審査が心配であるとか、
親の同意が必要でいちいち親に了解を取るのが面倒だと思う人も多いのでは。

そういう場合は、デビットカードを作って、
クレジットカード代わりに使うのも一つの考え方です。

デビットカードにもクレジットカードのブランドである
「JCB」や「VISA」が付いていて、
クレジットカードと同じように使えます。

違う点は、
デビットカードはカード利用代金が、
即時に銀行口座から引き落とされるという点です。

ですので、銀行口座へ残高がないと買い物代金が引き落とされないので買い物ができません。

デビットカードで10万円の買い物をした時に、
銀行口座へ5万円しかない場合も引き落とせないので買い物ができません。

その点さえ注意すれば、
あとはクレジットカードとそれほど違いはありません。

デビットカードで一番お得なカードは、
楽天銀行のJCBデビットカードです。

年会費無料で、
しかもデビットカードでありながらポイント還元率1.0%は魅力です。

デビットカードのポイント還元率は0.5%以下が多いですから。

ちなみに、楽天銀行のデビットカードにはVISAデビットカードもあり、
こちらは年会費1029円(税込)で、ポイント還元率は0.2%です。

ただ、海外でデビットカードを使いたい方は、
海外での加盟店が多い「VISAデビットカード」を選んだ方がいいです。
PR
学生の方がクレジットカードを作る場合、
親の同意が必要だったりして、
ちょっと面倒だなと思う方も多いと思います。

また、学生の方がクレジットカードを作っても、
利用可能枠(利用限度額)が最高でも30万円までという場合が多いです。

海外旅行へ行く場合、この30万円ではちょっと少ないという方も多いでしょうし、
クレジットカードは海外旅行時等に一時増枠というシステムもありますが、
全ての人が一時増枠が認められるという訳でもありません。

ならば、デビットカードにする、
ということを考えてもいいのではないかと思います。

デビットカードはショッピング利用などをすると、
即時に銀行口座から引き落とされるというシステムになっています。

そして、デビットカードは銀行口座の残高が、
イコール、利用限度額となります。

ですので、銀行口座へ100万円入っていれば、
利用限度額が100万円となるわけです。

デビッカードは銀行口座を持っていれば、
審査なしで発行されるのも楽な点です。

また、15・16歳以上であれば作れるので、
高校生でも作れるのです。

楽天銀行やジャパンネット銀行など、
JCBやVISAブランドが付いたデビットカードを発行していので、
日本でも海外でも、JCBやVISAが使えるお店なら
デビッカードでも問題なく使えるのです、

ちなみに、欧米、特に、ヨーロッパでは、
クレジットカードよりデビットカード利用の割合の方が多いそうです。
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
ブログ内検索
プロフィール
HN:
ヒロシ
性別:
非公開
バーコード
P R
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) 学生クレジットカード All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]