忍者ブログ
大学生や専門学校生など、学生の方でも申し込みが可能なクレジットカードなどについて紹介しています。
学生の方がクレジットカードを申し込む際に、
必ずと言って良い程親権者による同意書が必要となり、
その同意書は直筆の同意書が必要になります。

という子とは、親権者に書いてもらわなければいけません。

学生でなければ、20歳以上の成人している人は、
インターネットや直接申し込めば審査してもらえるのですが、
学生の場合はそう簡単にはいきません。

学生の場合にはインターネットでも直接で申し込んでも、
申込書が手元に送られ、その中に親権者の同意書等が入っています。

その同意書を親権者に郵送するなどして
直筆で記入してもらってクレジットカード会社に郵送すると言う流れになります。

申し込みや審査には学生の場合、多少時間がかかるかもしれません。

ただ、学生でも、アルバイトなどで、
継続的な安定的収入がある場合は親権者の同意書なしでもOKということもあり得ますは。

三井住友VISAカードのデビュープラスカード等、
学生向けに発行しているクレジットカードでしたら、
申し込み者が学生ということが前提となっていますので、
社会人向けの一般クレジットカードりなにかとスムーズではありますので、
学生の方は学生向けクレジットカードに申し込むといいです。

PR
親の同意がなしでは作れないクレジツトカードの場合に、
親に反対されたらどうすればいいのか?

一つとしては、
限度額を少なくするからと親に提案してみてはいかがでしょう。

親がクレジットカード作りに反対する利用は、
息子・娘がカードショッピングをしすぎてしまうのではないか?
はたして自分でちゃんと返済していけるのだろうか?
などの心配からではないでしょう。

ならば、まずは限度額を5万円とか10万円とかにして、
半年、1年、使いすぎず、返済もちゃんとするという実績を作り、
それから親に相談して限度額を上げることに同意してもらうのはどうでしょう。

あとは、銀行で発行しているデビットカードを作るという考え方もあります。

デビットカードとは、
銀行口座の残高以内ならクレジット決済できるカードで、
VISAのクレジット機能が付いています。

取り扱っている銀行としては、
ジャパンネット銀行や楽天銀行があります。

銀行預金口座があれば、
審査なしで発行してくれます。

利用限度額は設定されておらず、
銀行預金口座の残高額が限度額となります。
未成年の学生がクレジットカードを作るときには親の同意は必要です。

では、成人の学生の場合は親の同意は必要なのか?

このことについては、各カード会社によって違うようです。

基本的には成人ですから親の同意を得ずともクレジットカードを作れるわけではありますが、
学生ということは安定的な収入がないということになり、
クレジットカード入会審査時に親の信用情報が確かめられ、
クレジットカードの利用代金も親が支払うことになるのかもしれないということなどがあり、
親の同意を必要とするカード会社もあるようです。

ただ、学生でも起業していて収入があったり、
アマバイトで継続的な収入があることを証明できる場合などは、
親の同意を必要なしとする場合も多いようです。

つまり、学生でも、本人にクレジットカード利用代金の支払能力があり、
信用情報にもキズが付いていない場合は、
親の同意は必要ないと判断される場合もあることになります。
(カード会社によります)

いずれにしろ、親の同意が必要かどうかはそのカード会社によるということです。

また、親の同意が必要なしでクレジットカードを作れる場合でも、
親の同意があるかないかで、カード限度額が違ってくるという場合もあるようです。

結論として、親の同意がなしでも作れるカード会社はある、
しかし、カード利用限度額などのことを考えると親の同意があった方が良い、
ということになります。
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
ブログ内検索
プロフィール
HN:
ヒロシ
性別:
非公開
バーコード
P R
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) 学生クレジットカード All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]